にんにくのプランタ栽培

にんにくのプランタ栽培 ―にんにくの栽培方法―

にんにくと言えば健康食の代名詞といっても過言ではないと思います。

そんなにんにくを自宅で育てることが出来たら、素晴らしいと

思いませんか。

にんにくを育てたことがない、育てているけどうまく育てる

ことが出来ない、そのような方の為に作ったサイトです。


                                             管理人

にんにくのプランタ栽培

家庭菜園やベランダ菜園に適しているのは、プランター栽培
ですね。健康や美容の為にベランダなどでニンニクを栽培す
る人も増えています。


自分で栽培したニンニクは何とも言えない美味しさがありま
すから、是非栽培してほしいですね。


プランターの大きさは好みですが深さは30p以上を選んで
ください。根が長いので浅いと詰まってしまいます。


置き場は日当たりのよい場所に常設するようにして、冬は室
内には入れず外で栽培しましょう。


プランターへの植え付けですが、肥料入りの培養土か元肥を
土に混ぜて使います。鉢底に石を敷き詰めたら上部は2pあ
けて土を入れましょう。


一杯にしてしまうと、水が流れ出てしまうので気をつけてく
ださい。


ニンニクは、栽培用の球をバラバラにして株間は10pあけ
皮はついたままで3pから5pの深さに芽がくるようにして
ください。


二週間程度で芽が出てきます。芽が伸びてきて一カ所から二
本以上出て来たら、勢いのあるものだけ残して取ってしまい
ます。


蕾が出ると栄養が吸い取られてしまうので、その前に蕾を摘
み取る作業をやっておきます。プランターは肥料が効きすぎ
るので液状の液肥が良いでしょう。


水やりは土が渇いたら1日後にあげます。


春先には茎がやわらかくなるので摘み取り炒めたりして食べ
ましょう。


プランター栽培は病気や害虫の心配もないので、簡単に栽培
が出来ます。庭植になると色々と害虫対策や病気にも注意が
必要です。


スポンサード リンク