にんにくのマルチ栽培

にんにくのマルチ栽培 ―にんにくの栽培方法―

にんにくと言えば健康食の代名詞といっても過言ではないと思います。

そんなにんにくを自宅で育てることが出来たら、素晴らしいと

思いませんか。

にんにくを育てたことがない、育てているけどうまく育てる

ことが出来ない、そのような方の為に作ったサイトです。


                                             管理人

にんにくのマルチ栽培

にんにくのマルチ栽培についてご存じでしょうか。


マルチ栽培の利点は、雑草が生えにくいなどがありますね。
マルチ栽培とはにんにくを植え付けている土壌をビニールで
覆う栽培方法ですが、マルチにも種類があり資材で効果が全
く違います。


家庭菜園ではビニールマルチが使われる事が多く、ニンニク
は黒マルチを使う方が良いようです。雑草の発生を抑制する
他に水分が蒸発して土が渇かないようにする効果があります。


黒マルチは太陽の熱を吸収するので日当たりもありながら直
接太陽を当てないので雑草が白より生えにくくなります。


雨が多いと水捌けが悪くなり泥が跳ねやすくなるので、作物
が汚れたり病気になりやすくなるのです。


ニンニクのように土中では育つ作物はマルチ栽培が向いてい
ます。出来れば、色は濃いめが良いですね。透明マルチは地
熱の上昇効果が高いので春は良いのですが夏場に熱くなりす
ぎてしまいます。


光を通さない黒マルチが雑草の抑制効果も高くニンニクを栽
培するには良いわけです。追肥が少ないニンニクだからこそ、
黒マルチ栽培が向いています。


黒でならなくてはではないのですが、育てやすさから言えば
黒マルチがオススメですよ。


藁などをマルチに使う方法もありますが、一般的にニンニク
は黒マルチが利用されます。


堆肥などはビニールを持ち上げて行うとマルチを使っていて
も簡単に出来るので安心です。


スポンサード リンク