にんにくの肥料

にんにくの肥料 ―にんにくの栽培方法―

にんにくと言えば健康食の代名詞といっても過言ではないと思います。

そんなにんにくを自宅で育てることが出来たら、素晴らしいと

思いませんか。

にんにくを育てたことがない、育てているけどうまく育てる

ことが出来ない、そのような方の為に作ったサイトです。


                                             管理人

にんにくの肥料

にんにくは乾燥に弱いので、植え付けしたらたっぷりと水を
与えておきます。


芽が出て葉が2枚から4枚になるまでは、乾燥しないように
水を与えておきましょう。


あくまでも乾燥しない程度にしないと、根腐れを起こしてし
まいます。水捌けもきちんと出来るようにしておくことが大
切です。


春以降はなるべく水が多くなりすぎないようにしましょう。
プランターなら日当たりの良い場所に置いて雨に当たらない
ようにします。


植え付け時に堆肥をしたら春まで肥料はいりません。状態を
見ながら植え付けの1ヶ月後に野菜用の液体肥料を与えてお
きます。


1週間感覚で2回を2月にも与えます。粒状でも構いません
が液体肥料は水の替わりになるので、水やりには注意が必要
になります。


プランターなら液体肥料で充分です。肥料を与えないと葉が
枯れて黄色に変色してしまいます。


にんにく用の肥料もあるので、初心者はそちらを使っても良
いですね。梅雨前の5月には花蕾が出てきますから、肥料は
与えないようにします。与えすぎると根が腐ってしまいます。


黒マルチを張っている場合は穴を空けて与えていきます。肥
料が片寄らないようにバランス良く与えて元気なにんにくを
作っていきましょう。


スポンサード リンク