にんにくの栄養

にんにくの栄養 ―にんにくの栽培方法―

にんにくと言えば健康食の代名詞といっても過言ではないと思います。

そんなにんにくを自宅で育てることが出来たら、素晴らしいと

思いませんか。

にんにくを育てたことがない、育てているけどうまく育てる

ことが出来ない、そのような方の為に作ったサイトです。


                                             管理人

にんにくの栄養

にんにくは独特な香りがあり、肉料理などの付け合わせやス
タミナ料理には欠かせないものです。


中東が原産国らしく、古代のエジプトやギリシャでは薬用と
して利用されていました。


日本でも有名な古事記にも、にんにくの記載がある事から大
陸を渡って日本へと渡ってきたようです。


にんにくは、アリシンというニオイ成分があり、これは殺菌
作用とビタミンB1と同じ働きをします。スコルジニンは疲
労回復や滋養競争効果もあり禅僧はにんにくを食べるのを禁
じられていた程に体に精力をみなぎらせます。


にんにくは、アリシンのニオイ成分が非常に大切で、このニ
オイが体の血液をサラサラにして高血圧や脳梗塞など血液の
病を予防し、ガン予防にも一番効果の高い食物であると言わ
れています。


ビタミンは勿論、鉄分やカリウムも豊富で健康には良い食べ
物ですが、食べ過ぎると胃壁に穴をあけたり肝臓機能を低下
させてしまうので、生なら1日3片程度を目安に食べましょ
う。


香辛料や、調味料として取り入れると塩分や糖質を抑え野菜
をたくさん食べる事が出来ます。


ニオイが苦手な人は、ガーリックオイルや醤油にしたりサプ
リメント等で取り入れる方法もあります。


少量ならニオイも気にならないと思いますので試してみまし
ょう。


スポンサード リンク